ベリスク・アナリティックス(VRSK)。2016年秋冬号。

2017.01.22

成長しそうな業種ですが、今は割高?

VRSKは、保険リスクを分析するサービス会社です。災害や健康状態などのリスク分析を行い、保険会社や住宅ローン会社などにサービスを提供しています。

こういったデータ分析の事業は、現在もてはやされる業種です。VRSKは今後の成長が期待できる魅力的な銘柄ですが、注目されやすいので、今は割高かもしれません。アメリカの株式市場が大きく調整してくれないと、下落リスクが大きくリターンが少ないおそれがあります。

 

業績や株価の推移

売上と利益ともに、良い感じで成長しています。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
13.12 1595 348 2.07
14.12 1746 400 2.41
15.12 2068 507 3.07

 

次に、株価のチャートです。創業は1971年ですが、上場は2009年です。この下は過去10年間のチャートです。

 

上場以来、株価は上がっています。今のところは順調ですが、PERなどを考えると割高な株価になりつつあるかもしれません。現在はアメリカの株式市場そのものが割高なので、調整局面が来て下がったら、購入を検討したい銘柄でしょうか。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告