ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)。2016年秋冬号。

2017.01.12

暴落時に買いたい、長期投資銘柄。

アメリカ最大の医療保険会社です。なんにせよ、業界トップというのは、株価も力強い動きをします。

企業買収に積極的ということもありますが、さすがアメリカのトップ企業です。売上が1000億ドル規模(10兆円レベル)なのに、売上も利益もずっと高い成長を維持しています。アメリカは人口がまだまだ増える数少ない先進国であり、このあたりがアメリカの底力です。業界トップの会社でも、継続して売上と利益を伸ばせます。

NYダウ銘柄に採用されるような会社なので、多くの機関投資家がたくさんの株式を保有しています。そういうことで、今からの株価の爆発的な上昇は期待しにくいですが、暴落時には買いたい優良企業です。

事業内容はわかりやすく、規模が大きく、じっくりと米国を中心に成長できる会社と言えそうです。このあたりの特徴は、ホームデポやCVSヘルスと似ています。

(ホームデポの記事はこちら

(CVSヘルスの記事はこちら

 

業績や株価の推移

すでに超巨大企業なのに、売上も利益も成長中です。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
11.12 101862 5142 4.81
12.12 110618 5526 5.38
13.12 122489 5625 5.59
14.12 130474 5619 5.78
15.12 157107 5813 6.10

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは1997年からのもので、この下のチャートは過去10年間のものです。

過去10年で見ても、金融危機後の2009年ごろに買っていれば、今ごろは株価が7~8倍になっています。10年もたたないうちに、これだけの大型株で7~8倍に株価が上がれば大満足です。この間も、配当金がしっかりもらえます。インカムゲインもキャピタルゲインも、両方おいしかったことになります。

こういうチャートを見ると、バフェットの言うように、アメリカの経済成長を信じて優良株を安いときに買い、じっと保有し続けることの凄さがわかります。良い会社の株を暴落時に買い、じっと持ち続ける。これで、ものすごいパフォーマンスを達成できます。

ただ、1997年からのチャートを見ると、いくらなんでも今はバブルでは?という恐怖感もあります。現金を貯め込んで、株式相場全体の暴落を待ちたい局面です。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告