トータル・システム・サービシズ(TSS)。2016年秋冬号。

2017.01.31

株価に波がある会社なので、上手く乗れればテンバガー?

電子決済処理サービス会社です。四季報によると、クレジットカードやプリペイドカード、POSシステムなどが主力事業のようです。

このところの業績は急成長といった感じです。海外展開や買収などが寄与したようですが、業績にけっこうブレがある銘柄なのかもしれません。この業績の不安定さが、株価の大きな変動として現れていると思われます。

 

業績や株価の推移

この数年は、売上と利益がとても好調です。(単位は100万USD)

営業収益 純利益 1株利益
13.12 2064 244 1.30
14.12 2446 322 1.73
15.12 2779 364 1.98

 

次に、株価のチャートです。創業は1982年で、上場が1989年です。

記事冒頭のチャートは1997年ごろからのもので、下のチャートは過去10年間です。

 

過去20年ほどのチャートを見て感じるのは、ずいぶんと上げ下げがある銘柄だなということです。

長期投資の理想となるのは、数十年間、ずっと上がり続ける株です。数十年間、連続増収増益を達成し、株価は穏やかな右肩上がりで、配当も毎年増え続ける。10年後、気づいたら株価は5倍だった。さらに10年保有したら、また株価が5倍になった。といった優良銘柄に投資できたら、ものすごく楽です。

TSS株の推移を見ると、業績に波があるようなので、そういったチェックは欠かせない投資先です。上手く業績の変動に合わせて売買できれば、かなりのリターンが期待できますが、大きな損失の可能性もあります。

業績の推移、株価トレンドの動向に目配りが欠かせない、けっこう手のかかるタイプの銘柄と思われます。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告