ストライカー(SYK)。2016年秋冬号。

2017.01.26

特定分野に強く、長期で持ちたい銘柄。

整形外科用の医療関連製品を製造販売する会社です。医療関係の事業買収にも積極的です。

創業が1941年で、技術的な蓄積もあり、整形外科に強い医療機器メーカーです。このように特定の分野で強く、今後も市場の規模拡大が見込める会社なので、長期投資したい銘柄です。

これまでの実績を見ても、売上と利益を成長させてきました。株価も長期で上がっています。株価が大きく下げるような場面で、安値をしっかりと拾いたい銘柄です。

 

業績や株価の推移

買収の影響があるので利益が上下しますが、基本的には売上・利益ともに伸びています。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
13.12 9021 1006 2.66
14.12 9675 515 1.36
15.12 9946 1439 3.82

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは1997年ごろからのもので、下は過去10年間のチャートです。

 

1997年からのチャートを見ると、これこそが米国株投資の醍醐味、と言えます。

優良で成長し続ける会社を見つけたら、早い段階で買って、とにかく持ち続ける。握力が強ければ強いほど、数十年後にものすごいリターンになる。

これが長期投資の理想形です。株価は上がり続けるし、配当額も増え続ける。言うことなしです。

 

今から買っていいのか、という疑問が湧きますが、大きく下げたら買いではないでしょうか。過去10年間のチャートを参考にすると、2009年の金融危機で株価が半値に暴落した時期は、千載一遇のチャンスでした。まあ、10年単位で見ても、1回あるかないかの買い場でした。

次回のアメリカ株式市場、そして世界的な金融市場の暴落は、買い場になるはずです。暴落前に現金ポジションをたくわえて、しっかりと買いたいものです。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告