ステリサイクル(SRCL)。2016年秋冬号。

2017.01.19

長期で成長できる会社では?

北米で存在感のある医療廃棄物処理業者です。廃棄物の処理だけでなく、これに関連するいろいろな事業も手掛けているようです。

アメリカは人口が増える国なので、長期で見れば、医療廃棄物処理といった事業は成長すると思われます。地味ですが、長い年月での投資が報われると期待します。

 

業績や株価の推移

四季報によると、業績は医療廃棄物の量に連動するとのこと。売上は着実に伸びています。利益もだいたい増加傾向です。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
13.12 2142 311 3.62
14.12 2555 326 3.84
15.12 2985 267 3.02

 

次に、株価のチャートです。上場は1996年です。記事冒頭のチャートは、1997年ごろからのものです。この下は過去10年間のチャートです。

上場からのチャートを見ると、2015年ごろまではひたすら上昇しています。2008年あたりの金融危機では、株価は停滞しましたが、割とすぐ持ち直しました。

事業内容が医療廃棄物処理なので、金融危機とは直接は連動しないと思われます。景気循環の影響もそれほどは受けないのでは、と推測されます。

上場から2015年まで、ほぼ20年間株価は上げっぱなしでしたが、ここにきて急落しています。ピークから半値ぐらいまで下げたので、様子を見ながら少しずつ買いたくなります。ただし、下降トレンドが止まったかは不明なので、投資額を管理しながら買っていきたい銘柄です。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告