ネットフリックス(NFLX)。2016年秋冬号。

2017.01.10

売上伸びて、利益伸びない。アマゾンタイプ?

ネット配信業界の風雲児という印象で、ぐいぐいと売上を伸ばしています。自社でクオリティの高いコンテンツを制作する能力もあります。どんどんと世界中にサービスを拡大しています。

そのため、投資に積極的なので、利益は増えません。売上が急成長するものの利益は増えず、アマゾンと似たタイプな感じです。利益が増えないのに株価が上がるので、PERも300~400倍といった水準です。高値掴みになりそうな恐怖感から、買うのはちょっと躊躇する銘柄です。

 

業績や株価の推移

売上は急成長ですが、利益はギリギリ黒字な水準です。これをどう考えるか、投資家次第です。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
11.12 3204 226 0.61
12.12 3609 17 0.04
13.12 4374 112 0.28
14.12 5504 266 0.63
15.12 6779 122 0.29

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは2002年からのもので、この下のチャートは過去10年間のものです。

 

チャートを観察すると、2004年頃に小さな山ができています。が、今から見ると誤差の範囲です。

本格的に上昇トレンドに入ったのが2009年からで、一度大きなピークが2011年にあり、いったんそのあと急落します。急落後は2013年までヨコヨコで、再び2013年初頭から急騰を始め、激しく上下に触れながらも、現在までは上がっています。

 

チャートから買うべきタイミングを考えると、上場から長い横這い期間を経て、上昇トレンドに入った2009年。あるいは、再び株価が上がり始めた2013年。この2回、チャンスがあったようです。

理想は、ネット配信で急成長という観点から2009年の上げトレンドに乗り、2011年の急落時には安全のため利益を確定。その後の保ち合い期間も監視を怠らず、2013年に上昇トレンド入りを見届けて、再度購入。これが完璧なシナリオです。

そうは言うものの、売上は増えるが利益は増えない会社の性質上、非常に株価の振れ幅が大きいです。2013年以降もすごく上下に動いています。こうなると、下降トレンドになりかけたときに、いちいち利益確定や損切りが必要となり、収益が出にくい感じです。

株価の推移の監視にあまり時間をかけられない人は、安心して保有しにくいタイプの銘柄です。環境変化の激しい業界でもあり、今後もずっと売上と利益が成長し続けるのかは不明です。業界のトップにまで行く、大化けもあると思いますが‥。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告