モホーク・インダストリーズ(MHK)。2016年秋冬号。

2017.01.23

地味でも成長を続ける有望株。住宅市況が心配?

モホーク・インダストリーズは、世界で最大級の床製品メーカーです。四季報によると、木製床材やタイル、カーペット、ラミネートフロアなど、いろいろと床を製造しているそうです。

このような、地味だけど特定の分野で圧倒的で、長年成長を続けている会社は、長期投資にうってつけです。割安な早い段階で買って、あとは我慢して保有を続けると、上手くすれば株価は何倍にもなります。

米国内の人口、そして世界全体の人口は増え続けるので、床製品のような住宅関連企業は、市場がどんどん大きくなります。単純に、時代が進むほどに売上と利益が成長するはずです。

あとは、景気循環で不況のときに買っておきたい銘柄と言えます。金融緩和で住宅バブルっぽくなった時期に買うと、後々のリターンが低くなってしまいます。住宅や建設関連業種が不況の時期こそ、狙いたい銘柄です。

 

業績や株価の推移

この数年、売上も利益も伸びています。特に利益が成長しています。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
13.12 7348 348 4.86
14.12 7803 531 7.30
15.12 8071 615 8.37

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは1997年ごろからのもので、この下のチャートは過去10年間のものです。

 

やはり景気循環のサイクルに合わせて、株価の波がある感じです。

チャートから教訓を読み取ると、サブプライムローン危機が迫っていた2007年には、株価が100ドルまで上がっています。そのバブルが崩壊した2009年には、20ドルまで暴落しています。5分の1に株価が下がりました。

金利が下がって融資が過剰となり、不動産バブルが発生したときは、この株は買ってはいけないようです。そして、バブルが崩壊したときこそ、絶好の買い場と言えるでしょう。

今では、サブプライムローン危機時の株価20ドルから、200ドル超まで上がりました。テンバガーです。アメリカはこれからさらに金利を上げる予定ですし、危険な香りのする銘柄です。暴落を待ちたいと思います。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告