マリオット・インターナショナル(MAR)。2016年秋冬号。

2017.01.24

次の不況で買いたいホテルチェーン銘柄。

世界最大級のホテルチェーンです。他社の買収も含めて、事業を拡大しています。売上や利益も、じわじわ伸ばしています。

他のホテルチェーンや民泊など、競合はありますが、基本的には長い年月で成長していく事業と思われます。アメリカでも世界全体でも、人口はまだまだ増えます。市場規模は大きくなるので、長期投資で報われるでしょう。

ただ、世界経済の動向で顧客数は変動するでしょうから、不況になれば業績は悪化します。今はかなり株価も上がっていますので、次の不況で株価が大きく下げたときに買いたい銘柄です。

 

業績や株価の推移

売上と利益は、しっかりと成長しています。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
13.12 12784 626 2.05
14.12 13796 753 2.60
15.12 14486 859 3.21

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは1997年ごろからのもので、この下のチャートは過去10年間のものです。

 

ホテルという事業ですから、株価も景気のサイクルと同じように動く傾向があります。前回では、2007年ごろにピークがありますが、そのあとの金融危機で暴落しています。

現在は株価が80ドルを超え、とても上がってきています。ここからは買いたくない時期に思えます。今買うよりは、株式市場が崩れるのを待った方が、ずっとリターンが良くなりそうです。ホテルチェーンとしては屈指の実力があるので、暴落が来たら買いたい銘柄です。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告