2018年夏号。まとめ。

2018.07.19

2018年夏号での狙い。

今回の目的は、2020年過ぎまでには来るであろう、米国経済および世界経済の景気後退局面に備え、暴落時に買うべき優良銘柄をピックアップすることです。

2016年ごろから同じような主張をしておりますが、日本と外国の株式どちらにも割高感があり、長期投資として購入するにはあまり良い時期ではないと考えています。先行きに悲観的なエコノミストも増えてきましたが、2019年から2020年頃までには、米国経済の景気拡大期は終了するのではないかと思われます。

世界各国の中央銀行がこれまで10年間ほど、前代未聞の金融緩和環境をつくってきました。また、トランプ政権誕生に象徴されるように、世界中で財政拡張を行う大衆迎合的な政権が現れています。いずれ、景気後退、金利上昇、インフレーション、金融危機などの事象が発生する危険があります。

会社四季報には4000弱も銘柄があり、しっかりと読み通すのは相当な時間がかかります。そこで今号では、とにかく全銘柄をひと通りチェックすることを重視しました。楽しみな買い場は、数年内に来るであろう暴落時として待ちます。気になった銘柄に一言コメントを添えていきます。

 

1000番台銘柄

1377サカタのタネ

爆発的な成長力はないものの、優良企業。

1381アクシーズ

地味に毎年成長を続けている。鶏肉一本足なので、鳥インフルの恐怖はあるが、監視銘柄にはしたい。

1401エムビーエス

なかなかの成長速度。景気後退期にも外装工事受注伸ばせるか?

1414ショーボンドホールディングス

堅い優良企業だが、成長力は高くないので、暴落時が数少ない買い場と思われる。

1433べステラ

成長力に期待。老朽化したプラントはまだこれからもありそう。

1435TATERU

成長速度速いが、これからもアパート経営は有望か?

1716第一カッター興業

地味な優良企業なので、不景気のどん底で買いたい。

1762高松コンストラクショングループ

ゼネコンなのに継続して成長し財務も安定。

1775富士古河E&C

毎年利益をしっかり出し、まだ割安感もあり。

1810松井建設

堅い銘柄なので、ポートフォリオの一部にするのも面白いかも。

1926ライト工業

急成長はないが、利益率高く好財務、技術に特色あり。

1967ヤマト

地味だが成長続けており、利益率や財務も優秀。まだ割安感あり。

1969高砂熱学工業

成長を続ける優良企業だが、今後の新興国の動向に注意したい。

1976明星工業

良い会社だが、海外の受注はこれからどうなる?

 

2000番台銘柄

2053中部飼料

製品に特色あって面白いが、割安感は薄れた。

2120LIFULL

競争は厳しい業界だが、成長力は魅力。

2122インタースペース

今のところ、成長力、利益率、財務すべて優秀。

2159フルスピード

利益率やこれまでの成長速度は優秀。安定して成長を継続できるか?

2317システナ

とても高い利益率、速い成長、好財務と良い要素の揃った勢いのある銘柄。買い遅れた感あり。

2326デジタルアーツ

良好な利益率、成長力、財務と言うことなしだが、すでに人気で買い上げられた感じの銘柄。

2349エヌアイデイ

成長は遅いが、利益率高く好財務。まだ割高感なし。

2374セントケア・ホールディング

介護業界にしては利益率が高く財務も良いので注目に値する。

2379ディップ

異常な利益率と成長速度。このまま続けば凄いが?

2385総医研ホールディングス

成長力はあるが、すでに買われ過ぎか?

2393日本ケアサプライ

手堅く儲けている会社という印象。

2412ベネフィット・ワン

素晴らしい利益率と成長速度だが、今ではすでに買い遅れな感じ。

2413エムスリー

凄まじい成長力と利益率。しかしPERも鬼の高さ。

2436共同ピーアール

高い利益率には注目。

2454オールアバウト

日テレやリクルートなど大資本が株主で並んでいるためか、意外なほどの急成長ぶり。

2475WDBホールディングス

凄い利益率に高い成長力、超安心感のある財務と、順調すぎるぐらいの印象。このままいくのか?

2491バリューコマース

利益率と財務は良好だが、成長性に難あり。割安な時期に成長加速すれば投資チャンスか。

2612かどや製油

利益率が高く財務も安心。最近は順調に成長している。しかし今後はコスト増大が見込まれるので、安くなったら投資を検討したい。

2654アスモ

利益率と財務は良好。売上も伸び続けているので、営業利益の方も増加傾向が維持できるか確認したい。

2670エービーシー・マート

利益率高く財務も安定だが、成長力は鈍化。成長株から普通の成熟した会社の株になりつつあるか?

2695くらコーポレーション

財務は良好で利益率も高い。成長を維持しているが、PERはかなり高めなので、今から買っていいのか?

2729JALUX

利益率まずまず、成長性もあり。PERも低めなので、投資検討してもよさそう。

2908フジッコ

財務は超堅実、利益率もまずまず。成長性は低め。PER的にまだ買えるかも。

2914JT

世界的な反タバコの流れと、紙巻きから加熱式への市場移行に上手く適応できるなら、割安な高配当銘柄なのだが?

2928RIZAPグループ

凄まじい成長速度、目立つカリスマ的経営陣、派手な広告露出と、投資検討はしたい。ただ負債多く、最後はどうなるか?

2930北の達人コーポレーション

成長速度や利益率は超トップ級。しかしもう数年分の高成長は織り込んだ株価なので、今から買うのは躊躇してしまう。

 

3000番台銘柄

3076あいホールディングス

利益率高く財務も極めて堅実。成長も継続中。その割にはPERが低めなので、まだ投資可能なバリュエーションか。

3079DVx

売上は伸び続けているものの、営業利益が横ばいなのが気にかかる。ただそれでも利益率や財務はまあ良好なので、投資は検討したい。

3080ジェーソン

低価格帯の小売チェーンで、競争がキツそうなイメージだが、じわじわ成長している。まだ割安感があるので、投資しても良いかも?

3087ドトール・日レスホールディングス

利益率はまずまずで財務は強固。競争の厳しい業界だがなんとか成長を維持。割安な時期なら買うのもあり?

3093トレジャー・ファクトリー

売上は伸び続けているが、営業利益は下がり続けている。株価もずっと右肩下がりだが、態勢を立て直し反撃できるなら面白い銘柄かも。

3137ファンデリー

利益率はかなり高く、財務も良好。ただ、成長速度は堅実だが遅め。株価が下がった時期に拾いたい。

3141ウエルシアホールディングス

非常に力強く成長しているが、株価もそれを十分に織り込んでいるほどの高さ。

3150グリムス

かなり成長力のある銘柄。電力業界はまだまだ情勢が変化しそうなので、よく調べておきたい。

3176三洋貿易

かなり利益率が高く、財務も良好。商社なので業績にブレはあるが、おおむね売上と利益は成長を維持。世界経済が縮小局面に入った時に真価が問われる。

3183ウイン・パートナーズ

成長は地味だが、利益率は良く財務健全。割高感もそれほどなし。

3276日本管理センター

利益率が非常に高く、利益の伸びも大きい。財務も堅めと思われる。

3288オープンハウス

成長力が非常に大きい。利益率も高い。絶好調だが、不動産市況の好景気はいつまで持つのか?

3328BEENOS

赤字からの回復ぶりが凄い。ここでしっかり業績が安定すれば、株価もさらに評価されてもよいだろう。

3359タイセイ

急成長に伴い株価も急伸。売上と利益ともに伸びているので買いたいが、急騰後なので高値掴みは避けたい。

広告