2018年夏号。まとめ。

2018.09.08

2018年夏号での狙い。

今回の目的は、2020年過ぎまでには来るであろう、米国経済および世界経済の景気後退局面に備え、暴落時に買うべき優良銘柄をピックアップすることです。

2016年ごろから同じような主張をしておりますが、日本と外国の株式どちらにも割高感があり、長期投資として購入するにはあまり良い時期ではないと考えています。先行きに悲観的なエコノミストも増えてきましたが、2019年から2020年頃までには、米国経済の景気拡大期は終了するのではないかと思われます。

世界各国の中央銀行がこれまで10年間ほど、前代未聞の金融緩和環境をつくってきました。また、トランプ政権誕生に象徴されるように、世界中で財政拡張を行う大衆迎合的な政権が現れています。いずれ、景気後退、金利上昇、インフレーション、金融危機などの事象が発生する危険があります。

会社四季報には4000弱も銘柄があり、しっかりと読み通すのは相当な時間がかかります。そこで今号では、とにかく全銘柄をひと通りチェックすることを重視しました。楽しみな買い場は、数年内に来るであろう暴落時として待ちます。気になった銘柄に一言コメントを添えていきます。

 

1000番台銘柄

1377サカタのタネ

爆発的な成長力はないものの、優良企業。

1381アクシーズ

地味に毎年成長を続けている。鶏肉一本足なので、鳥インフルの恐怖はあるが、監視銘柄にはしたい。

1401エムビーエス

なかなかの成長速度。景気後退期にも外装工事受注伸ばせるか?

1414ショーボンドホールディングス

堅い優良企業だが、成長力は高くないので、暴落時が数少ない買い場と思われる。

1433べステラ

成長力に期待。老朽化したプラントはまだこれからもありそう。

1435TATERU

成長速度速いが、これからもアパート経営は有望か?

1716第一カッター興業

地味な優良企業なので、不景気のどん底で買いたい。

1762高松コンストラクショングループ

ゼネコンなのに継続して成長し財務も安定。

1775富士古河E&C

毎年利益をしっかり出し、まだ割安感もあり。

1810松井建設

堅い銘柄なので、ポートフォリオの一部にするのも面白いかも。

1926ライト工業

急成長はないが、利益率高く好財務、技術に特色あり。

1967ヤマト

地味だが成長続けており、利益率や財務も優秀。まだ割安感あり。

1969高砂熱学工業

成長を続ける優良企業だが、今後の新興国の動向に注意したい。

1976明星工業

良い会社だが、海外の受注はこれからどうなる?

 

2000番台銘柄

2053中部飼料

製品に特色あって面白いが、割安感は薄れた。

2120LIFULL

競争は厳しい業界だが、成長力は魅力。

2122インタースペース

今のところ、成長力、利益率、財務すべて優秀。

2159フルスピード

利益率やこれまでの成長速度は優秀。安定して成長を継続できるか?

2317システナ

とても高い利益率、速い成長、好財務と良い要素の揃った勢いのある銘柄。買い遅れた感あり。

2326デジタルアーツ

良好な利益率、成長力、財務と言うことなしだが、すでに人気で買い上げられた感じの銘柄。

2349エヌアイデイ

成長は遅いが、利益率高く好財務。まだ割高感なし。

2374セントケア・ホールディング

介護業界にしては利益率が高く財務も良いので注目に値する。

2379ディップ

異常な利益率と成長速度。このまま続けば凄いが?

2385総医研ホールディングス

成長力はあるが、すでに買われ過ぎか?

2393日本ケアサプライ

手堅く儲けている会社という印象。

2412ベネフィット・ワン

素晴らしい利益率と成長速度だが、今ではすでに買い遅れな感じ。

2413エムスリー

凄まじい成長力と利益率。しかしPERも鬼の高さ。

2436共同ピーアール

高い利益率には注目。

2454オールアバウト

日テレやリクルートなど大資本が株主で並んでいるためか、意外なほどの急成長ぶり。

2475WDBホールディングス

凄い利益率に高い成長力、超安心感のある財務と、順調すぎるぐらいの印象。このままいくのか?

2491バリューコマース

利益率と財務は良好だが、成長性に難あり。割安な時期に成長加速すれば投資チャンスか。

2612かどや製油

利益率が高く財務も安心。最近は順調に成長している。しかし今後はコスト増大が見込まれるので、安くなったら投資を検討したい。

2654アスモ

利益率と財務は良好。売上も伸び続けているので、営業利益の方も増加傾向が維持できるか確認したい。

2670エービーシー・マート

利益率高く財務も安定だが、成長力は鈍化。成長株から普通の成熟した会社の株になりつつあるか?

2695くらコーポレーション

財務は良好で利益率も高い。成長を維持しているが、PERはかなり高めなので、今から買っていいのか?

2729JALUX

利益率まずまず、成長性もあり。PERも低めなので、投資検討してもよさそう。

2908フジッコ

財務は超堅実、利益率もまずまず。成長性は低め。PER的にまだ買えるかも。

2914JT

世界的な反タバコの流れと、紙巻きから加熱式への市場移行に上手く適応できるなら、割安な高配当銘柄なのだが?

2928RIZAPグループ

凄まじい成長速度、目立つカリスマ的経営陣、派手な広告露出と、投資検討はしたい。ただ負債多く、最後はどうなるか?

2930北の達人コーポレーション

成長速度や利益率は超トップ級。しかしもう数年分の高成長は織り込んだ株価なので、今から買うのは躊躇してしまう。

 

3000番台銘柄

3076あいホールディングス

利益率高く財務も極めて堅実。成長も継続中。その割にはPERが低めなので、まだ投資可能なバリュエーションか。

3079DVx

売上は伸び続けているものの、営業利益が横ばいなのが気にかかる。ただそれでも利益率や財務はまあ良好なので、投資は検討したい。

3080ジェーソン

低価格帯の小売チェーンで、競争がキツそうなイメージだが、じわじわ成長している。まだ割安感があるので、投資しても良いかも?

3087ドトール・日レスホールディングス

利益率はまずまずで財務は強固。競争の厳しい業界だがなんとか成長を維持。割安な時期なら買うのもあり?

3093トレジャー・ファクトリー

売上は伸び続けているが、営業利益は下がり続けている。株価もずっと右肩下がりだが、態勢を立て直し反撃できるなら面白い銘柄かも。

3137ファンデリー

利益率はかなり高く、財務も良好。ただ、成長速度は堅実だが遅め。株価が下がった時期に拾いたい。

3141ウエルシアホールディングス

非常に力強く成長しているが、株価もそれを十分に織り込んでいるほどの高さ。

3150グリムス

かなり成長力のある銘柄。電力業界はまだまだ情勢が変化しそうなので、よく調べておきたい。

3176三洋貿易

かなり利益率が高く、財務も良好。商社なので業績にブレはあるが、おおむね売上と利益は成長を維持。世界経済が縮小局面に入った時に真価が問われる。

3183ウイン・パートナーズ

成長は地味だが、利益率は良く財務健全。割高感もそれほどなし。

3276日本管理センター

利益率が非常に高く、利益の伸びも大きい。財務も堅めと思われる。

3288オープンハウス

成長力が非常に大きい。利益率も高い。絶好調だが、不動産市況の好景気はいつまで持つのか?

3328BEENOS

赤字からの回復ぶりが凄い。ここでしっかり業績が安定すれば、株価もさらに評価されてもよいだろう。

3359タイセイ

急成長に伴い株価も急伸。売上と利益ともに伸びているので買いたいが、急騰後なので高値掴みは避けたい。

3408サカイオーベックス

製造業としては利益率が高く、財務も良好。売上はもっと毎年成長して欲しいが、利益はしっかり出している。PERは低いので割安感はある。

3433トーカロ

業績は絶好調だが、商売相手が半導体や液晶、自動車、鉄鋼に関係しているところなので、いつまで好況なのかが謎。むしろこの銘柄の株価を監視しておくことで、景気循環周期のヒントが掴めるかも。

3626TIS

長く保有したらそれなりにはリターンがありそうだが、株価が高い時期に買うと平凡なパフォーマンスで終わりそう。

3662エイチーム

主力事業としてスマホゲームを手掛ける会社にしては、しっかりと成長を持続。なにより利益率が相当に高く、財務も良好。株価はそれほど高くはないので、もう一段の上昇は期待できるのではないか?

3677システム情報

利益率は非常に高く、売上と利益が共に成長しているのも好印象。株価はまだ割高というほどでもないでしょう。

3724ベリサーブ

利益率が高く、売上と利益が成長してきた。しかし、成長鈍化が顕著か?今から株価の急騰は厳しいか?

3762テクマトリックス

売上と投資は地道に成長を維持。利益率や財務も良好。しかし株価もそれなりに伸びてきたので、投資妙味は並み。

3775ガイアックス

大赤字から一転の大幅黒字。まだ完全には株価に反映されていないので、黒字がしっかり定着するのを予想するなら投資を検討したい。

3844コムチュア

利益率が非常に高く、売上と利益も成長速度が速い。

3848データ・アプリケーション

規模の小さい会社なので、もっと速く売上が伸びて欲しいとは感じる。しかし、利益率の高さは優秀で、財務も健全。

3908コラボス

成長速度は不満が残るが、利益率は高く財務も良好。地道に成長している。

3932アカツキ

尋常ではない利益率の高さと成長スピード。それに反して異常に安く感じるPER。一年ほど右肩下がりの株価。と、一筋縄ではいかない銘柄のようだが、調べてみても面白そう。

3981ビーグリー

利益率は高めで、売上と利益も着実に成長してきた。しかし、成長鈍化で横ばいに移る様相。株価は割安な印象なので、再成長が認められれば投資を検討したい。

 

4000番台銘柄

4217日立化成

売上が伸びていること、利益率と財務もまずまずで株価に割安感があることは前向きな材料。しかし素材メーカーなので、景気循環の終盤では買いたくない。

4346ネクシィーズグループ

業績は急成長中で利益率は非常に高いにも関わらず、株価はかなり安く放置されている。どんな事業で儲けているのかやや分かりにくく、過去に株価の急騰と急落があった。このように注意が必要な銘柄だが、調べてみる価値はありそう。

4348インフォコム

利益率は非常に高く、財務も極めて堅実。成長力もまあまあ。投資を検討してもよさそうな銘柄。過半数の株式を持つ大株主が無関係そうな帝人なのは何だろう?

4368扶桑化学工業

利益率が高く財務も非常に堅実。ただ、しばらく業績は横ばいになりそうなので、安くなったところを買っておきたい。

4380Mマート

上場したばかりで極めて割高だが、新鮮さが薄れ皆が忘れたころに秘かに投資しておくと、爆騰する可能性もわずかにあるかも。

4507塩野義製薬

絶好調でポートフォリオに入れたい銘柄だが、製薬業界は新薬の開発次第で大きく振れるので、情報収集は欠かせない。

4516日本新薬

特色ある製薬会社なので投資を検討したいが、とりあえず今は割高感あり。

4536参天製薬

売上が成長しているのは良い。利益も伸びる方向だが一進一退。株式市場全体の暴落時に買いたい。

4554富士製薬工業

売上が伸びているところが望ましい。財務は良好で利益率もまずまず。PERの観点からは割高感はない。

4555沢井製薬

売上の成長速度は合格点だが、利益が伸びていないのが残念。医療費抑制の国策から後発医薬品は求められるので、チャンスはまた来るはず。株価に割安感はある。

4642オリジナル設計

地味に売上と利益を成長させている。利益率も高め。まだまだ株価に割安感あるが、それでも急騰後なので慎重に見ておきたい。

4674クレスコ

着実に成長を継続している。利益率も高い。ただ、株価もじわじわと右肩上がりを続けており、割安感や割高感ともになし。まだ投資の余地はあると思えるが、これから株価10倍などの期待は厳しい。

4687TDCソフト

堅実に売上と利益を伸ばしている感じ。利益率も高い。株価は上がってきているが、極端な割高感はない。

4734ビーイング

売上は微増だが利益は下がってきている。利益が下げ止まり反転すれば、横ばいの株価も反発の可能性はある。

4746東計電算

成長スピードはゆっくりだが、利益率は高く財務も良好。それほど割高感ないので投資を検討したい。

4763クリーク・アンド・リバー社

成長を継続中で、利益率も高い。ただ株価も上昇しているので、高値掴みにならないように注意したい。

4779ソフトブレーン

利益率は高い。売上も伸びており、投資の検討はしてもよさそう。

4781日本ハウズイング

成長は遅いが手堅い銘柄の印象。株価がずっと横ばいなので、買って寝かせておくとそろそろ噴くかも。

4783日本コンピュータ・ダイナミクス

売上や利益の伸びから見ると、もう少し株価は上昇の余地があるかも。

 

5000番台銘柄

5186ニッタ

売上と利益を伸ばしている。利益率も高め。しかし、その割にはPFRは低め。自動車関連銘柄だからか?

5237ノザワ

成長力はそれほどないが、利益率は高く財務も良好。なによりPERが低く、非常に割安感がある。しかし、これから日本や中国で建設資材の需要はどうなるのか、という疑問あり。

5704JMC

上場してから日が浅いので割高だが、注目度が下がりながらも業績が安定してきた場合は、買っておくといつの日か噴くかも。

5742エヌアイシ・オートテック

成長を続けているようだが、生産設備の需要は今後どうなのか?

5903SHINPO

利益率は高く成長途中の会社。財務も良好。特定商品で圧倒的に強いと、まだまだ伸びるのではと期待したくなる。

5964東洋刃物

業績回復途上としてはPERは低めかも。長期で保有するなら割安か?利益率はもっと改善して欲しい。

5965フジマック

利益率は高く財務もまあまあ。なによりPERが低いので割安感がある。売上の成長スピードはゆっくり。だが、東京五輪後の需要がどうなるかは?

 

6000番台銘柄

6037ファーストロジック

利益率は非常に高い。売上に伸びている。しかし、営業利益は横ばい傾向で、株価も中期的に右肩下がり。経営が再成長モードに入れば、株価が再上昇する可能性もあるだろう。

6044三機サービス

利益率は高く、成長スピードもなかなか良い。これからのメンテナンス需要の動向はどうなる?

6289技研製作所

売上と営業利益が伸び続けており、利益率も高めで財務も良好。このように地味だが優良企業である。まだ株価は割高とまでは言えないので、投資のチャンスを探りたい。

6291日本エアーテック

地味だが成長を続けている会社。もう少し利益率が高いと嬉しいが、PERもまだ低いので、投資を検討したい。

6312フロイント産業

地味に成長しつつ、利益率も高めで好財務。割安な時期に買いたい。

6340澁谷工業

利益率と財務はまずまず良好。売上もしっかり成長している。しかし、利益が伸びずに横ばいなのは残念なところなので、改善して欲しい。

6407CKD

売上と利益がしっかりと成長し続けている。利益率と財務も良い。しかし、企業の設備投資がピークを越した可能性もあるので、株を買う時期には気をつけたい。

6490日本ピラー工業

利益率はまずまずで、財務は健全。地味な会社だが嬉しいことに成長を維持している。PERは低めであり、投資の検討余地あり。

6532ベイカレント・コンサルティング

上場してから日が浅く、株価の急騰後なので今から買うのは慎重にしたい。しかし、成長スピードは魅力。

6562ジーニー

上場から間もない会社。買収などあり尋常ではない成長速度。しかし株価は下げ続けており、手は出しにくい。株価が反転上昇する可能性もあるので、監視はしておきたい。

6641日新電機

地味だが優良企業で、なにより割安感あり。だが、これから半導体の需要が謎なので、買い時は慎重に。

6728アルバック

業績は絶好調だが、半導体業界の需要動向は気になるところ。監視銘柄にしておくと、景気循環の観察にもなりそう。

6744能美防災

手堅い優良企業。市場暴落時の割安な時期に買いたい。

6750エレコム

長く右肩上がりで順調に業績を伸ばしてきているが、株価も比例して長期に上げ続けており、特に割安感はない。ポートフォリオに組み入れても良いかな、という程度の投資妙味。

6823リオン

成長速度はとてもゆっくり。目立たない優良企業なので、PERが低い時期に買っておくと良さそう。

6859エスペック

成長継続中であり、財務は健全で利益率も高め。監視銘柄にしたい。

6916アイ・オー・データ機器

成長している会社にしては、まだPERが割安な部類。投資を検討しても良いかも。

 

7000番台銘柄

7463アドヴァン

売上と利益は長期で見ると成長している。利益率は高めで、財務も良い。PERも割安な感じ。しかし、これから建材などの需要がどうなるかという不安はある。

7508Gー7ホールディングス

売上と利益は伸びている。利益率は高めで、財務もまずまず。監視はしておきたい。

7545西松屋チェーン

成長力はまあまあ、利益率もそこそこ。財務は良好。株価は割安でも割高でもない感じ。ときどき業績をチェックしておくのも良いのでは。

7564ワークマン

非常に手堅く、長年にわたり成長を続けている。割安ではないが、投資を検討しても良い株価水準と思われる。

7607進和

堅実に成長を続ける地味な会社。財務良し、利益率良し。ポートフォリオに入れたい銘柄。

7741HOYA

製造業としては目を疑うような高利益率。売上と利益も長期で伸びており、この状態が維持できるなら買いではないか?

7760IMV

売上はしっかり伸びているものの、利益が横ばいなのは気になる。しかし割安感はあり、投資を検討してみたい銘柄。

7775大研医器

利益率は高いが、成長スピードはゆっくり。何かもう一段成長を加速する要素が欲しい。

7821前田工繊

着実に成長し続ける会社。利益率は高く、財務も良好。まだ投資してもパフォーマンスが期待できるPERに収まっているのではないか?

7833アイフィスジャパン

手堅く毎年売上と利益を伸ばしている。しかも利益率はかなり高い。財務も健全。まだ投資の余地はあるのでは?

7839SHOEI

利益率が製造業としては非常に高い。財務も極めて堅実。今からの投資では買い遅れた感あり。

7856萩原工業

堅実に地味に成長しているタイプの会社。割安な時期に買い長期で保有すれば、それなりのパフォーマンスが期待できるだろう。

7879ノダ

売上の成長力や利益率から考えると株価は割安過ぎるような印象だが、住宅建材の需要動向も気になるところ。

7893プロネクサス

じわじわ成長する手堅い会社。投資対象として監視しておきたい。

7894丸東産業

地味で堅い会社。株価に割安感があるので、投資を検討したい。

7917藤森工業

地味だが長期的に成長している会社。株価が下げた局面で買っておきたい。

7995日本バルカー工業

地味だが利益率が高く良い会社の印象。しかし半導体関連の需要がピークのような気もするので、注意したい。

 

8000番台銘柄

8012長瀬産業

買収にも積極的なオーナー系企業なので、長期で見れば伸びそう。利益率は低めであり、化学関連企業の株式を買いたい時期でもないので、監視を続けたい。

8014蝶理

何だかんだ言っても、長期で見れば成長しそうな会社。中国経済の動向に注意したい。

8043スターゼン

食肉分野はこれからも伸びそう。

8051山善

業績が堅い感じの商社。下げた局面で買って長く持てば、まあまあのパフォーマンスになりそう。

8117中央自動車工業

利益率はかなり高く、財務も良好。じわじわと成長しており、自動車以外の分野で開拓に成功すれば、もう一段の成長があり得る。

8227しまむら

利益率は高く財務も良いのだが、株価は冴えない。市場から成長の止まった会社とみなされている可能性がある。

8570イオンフィナンシャルサービス

イオンが小売業で存在感ある間は、その金融サービスも伸びそう。

8572アコム

社会環境の変化で会社の立場も変わる怖さはあるが、業績の改善ほど株価は上げていない気もする?

8591オリックス

どんどん成長し利益も伸びているものの、株価の反応は鈍い。割安感があるので投資を検討してもよいのでは?

8876リログループ

成長性や利益率に文句なし。買い遅れた感じ。

 

9000番台銘柄

9037ハマキョウレックス

勢いのある物流大手企業。長期で伸びそうなので、買い時を探りたい。

9039サカイ引越センター

利益率が高く成長力もある会社。株価が上がってしまった後なので、買い場を見極めたい。

9058トランコム

利益率高く、売上も伸びている。しかし、利益の伸びが横ばいになってきたのを巻き返せるか。

9325ファイズ

株価に割高感はあるが、利益率の高さと成長スピードは魅力。監視銘柄にしておきたい。

9364上組

じわじわ成長を続ける優良企業。株価が下がって割安になった局面で買い、長期で保有したい。

9432日本電信電話

テンバガーは無理だが、暴落時に買っておくと高配当銘柄なので、のちのち好パフォーマンスは期待できる。国策銘柄のため、政治的な流れ弾に注意。

9437NTTドコモ

日本電信電話と同様。暴落時に買えば、後から高配当が効いて良いパフォーマンスが期待される。しかし政治介入の弊害は十分ありえる。

9514エフオン

成長力あり利益率も高い。しかも事業内容に社会的な大義がある。このまま順調に行ければ、大きな存在にもなりそうだが?

9517イーレックス

成長スピードが極めて速く、利益率も高め。事業内容に社会的な追い風もある。堅実に経営を続けられるなら、大きく成長しそうだが?

9628燦ホールディングス

大きな成長は見込めないが、堅い業績なので市場暴落時に買っておくと、パフォーマンスは良くなりそう。

9682DTS

波はあるが成長を維持。利益率高く、財務も良好。投資を検討したい。

9719SCSK

じわじわ成長する堅実な感じの会社。監視しておき、割安な時期に買いたい。

9728日本管財

超地味目な会社。ゆっくり堅く成長するので、ポートフォリオに入れてもいいだろう。

9908Denkei

財務や利益率に改善の余地があるが、割安感のある銘柄なので監視しておくのもよいだろう。

9932杉本商事

手堅く成長する優良企業だが、機械系の専門商社なので、今後の世界経済の動向には注意したい。

9989サンドラッグ

成長を続けていること、利益率が高いことは好材料。

広告