ホームデポ(HD)。2016年秋冬号。

2017.01.10

アメリカらしい優良株。暴落待ちです。

世界最大のホームセンターの会社です。ただ規模が大きいだけでなく、利益もしっかり出しています。アメリカを根拠地としているだけに、日曜大工(DIY)的な需要をがっつり取り込んで成長してきました。

売上高が900億ドルという規模(10兆円ほどですね)に到達したにもかかわらず、まだ売上や利益が伸び続けているところが素晴らしいです。人口や住宅が増加し続けるところが、先進国の中でのアメリカの強みでしょう。人口が増えて中古住宅などの需要が増加すれば、単純にホームデポで扱う商品やサービスも伸びていく、という長所があります。

もうすでにダウの30銘柄に選ばれていたりと、アメリカ株式市場を代表する会社になっています。ですから、ここからの爆発的な株価の上昇は期待しにくいので、株式市場全体の暴落時などに、しっかりと底値で買いたい銘柄です。

 

業績や株価の推移

数十年単位で、売上と利益を伸ばしています。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
12.1 70395 3883 2.49
13.1 74754 4535 3.03
14.1 78812 5385 3.78
15.1 83176 6345 4.74
16.1 88519 7009 5.49

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは1997年からのもので、この下のチャートは過去10年間のものです。

 

リーマンショックがあった2008年から2009年ごろが、直近では株価の底値です。2012年ごろからは持ち直して、そのあとは完全に上昇トレンドになりました。40ドルから140ドルぐらいまで伸びたので、最近の5年間で株価は3~4倍になっています。

ちょっと、今からは買いにくい銘柄かなと思います。これからアメリカが金利を引き上げていくと、アメリカの住宅市場も冷え込んでくるので、ホームデポの業績にも逆風になりそうです。

 

長めのチャートで見ると、2000年あたりに変なピークがあります。ITバブルの頃なのでしょうか?2000年に株価は一度ピークをつけ、2003年まで下落し続け、2003年から2012年までは横這いです。このチャートを教訓とすると、そろそろアメリカの株式市場全体もピークが来ると考えられるので、現時点ではホームデポの株は買えない印象です。

ポートフォリオに組み込むと収益が安定しそうな銘柄なので、暴落が来るのをじっと待ちたいです。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告