F5ネットワークス(FFIV)。2016年秋冬号。

2017.01.31

株価は次のステージまで上れるか。

四季報によると、各種ITインフラを事業とする会社です。

業績は伸びてますが、縁の下の力持ち的な存在のためか、この6年ほどは株価はレンジの中にあり上抜けていません。ある時点で好業績に反応して株価が上昇し、ブレイクする可能性もあるので、株価は定期的に監視しておいた方が良さそうです。

上昇トレンドが確認できたら、早めに買っておきたい銘柄です。トレンド初期のうちに投資することで、長期投資のパフォーマンスを高めることができるでしょう。もし仮に下落に転じても、早めに買っておけば、損切りを早く行うことで損失を小さくできます。

 

業績や株価の推移

この数年は、売上と利益ともに成長しています。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
13.9 1481 277 3.53
14.9 1732 311 4.13
15.9 1919 365 5.07

 

次に、株価のチャートです。会社の創業は1996年で、上場が1999年です。

記事冒頭のチャートは上場からのもので、下のチャートは過去10年間です。

 

上場来のチャートを見ると、まずITバブルが起きた2000年付近の高いピークが目立ちます。その後は暴落しますが、落ち着いたら徐々に株価は上がり始めました。

金融危機でかなり落ち込みましたが、無関係の業界ですので立ち直りは早く、2009年からすでに上昇トレンドが発生しています。この上昇は急激で、一気に株価を5~6倍の水準まで押し上げました。

2010年に急騰したあとは、現在に至るまで、大きなレンジで見れば保ち合い期間です。しかし、ここでも緩やかな右肩上がりの傾向があります。直近、2016年から株価が力強く上がってきたので、次の株価水準まで押し上がる可能性があります。

様子を見ながら、少し買ってみたい銘柄です。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告