エキファックス(EFX)。2016年秋冬号。

2017.01.22

米の信用調査機関大手。長期の成長に期待?

エキファックスは、アメリカの個人信用調査機関です。個人と法人のそれぞれで膨大な情報を持っている、業界の大手企業です。

単純に考えて、アメリカそして世界全体の人口はこれからも増加します。また、クレジットカードなどの手段での決済は、さらに拡大していくでしょう。そうすると、個人や法人の信用調査機関も、長期で成長することが期待されます

 

業績や株価の推移

業績は順調で、売上と利益ともに成長しています。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
13.12 2303 351 2.90
14.12 2436 367 3.03
15.12 2663 429 3.62

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは、1997年ごろからのものです。この下は過去10年間のチャートです。

 

株価の伸びは順調で、2012年からは右肩上がりのチャートです。長期投資が報われるタイプの会社ではないかと思うのですが、最近のアメリカ株は割高なので、今はあまり買いたくありません。

1997年からの20年間の株価を見ると、やはり2012~2013年頃の上昇トレンドの初期で買えなかったことが悔やまれます。2012年ごろまでは、大きな株価の変動はありませんでした。この大きな上昇トレンドのブレイクに反応できなかったら、買い遅れと言わざるを得ません。

チャートを見ると、まだまだ上がるのかもしれませんが、さすがにピークでは?という感覚です。2012年あたりからは、1直線に株価は約4倍になっています。

そろそろ上昇トレンドも限界ではないでしょうか?株式市場全体にショックが起きて、ドーンと暴落した局面で買いたい銘柄です。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告