シンタス(CTAS)。2016年秋冬号。

2017.01.19

他企業のアウトソーシング的サービスで成長中?

四季報によると、従業員用のユニホームを製造販売する会社とのことです。清掃用具のレンタルなども行っており、他の企業にとって本業ではない雑務を引き受けている会社のようです。

こういう、従業員用の制服を製造販売したり、文書廃棄を請け負ったりなど、目立たないけど地味に稼げる感じの会社は良いです。投資家から注目されにくい事業内容だけど、ひっそりと成長を続ける銘柄を、早めに買っておきたいものです。

もうすでに、株価は何年も上がり続けています。買い遅れたかもしれませんが、ポートフォリオに入れたいなら、少し買って放置しておくと良いかもしれません。

 

業績や株価の推移

地味に成長している会社のようです。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
14.5 4193 374 3.08
15.5 4476 430 3.68
16.5 4905 693 6.34

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは1997年ごろからのもので、この下は過去10年間のチャートです。

 

長期のチャートを見ると、1997年から2013年の間だと、株価は20ドルから40ドルのレンジにありました。15年間は株価が上がらずレンジ範囲で動いていて、2013年からブレイクして上昇を続けています。

直近3年間で見ると、すごく株価が上がったなという印象ですが、保ち合い期間がとても長かったので、まだ上昇余地はあるかもしれません。ただし、株価の振れが大きくなってきているので、株価のピーク付近のおそれもあります。高値掴みにならないよう、急落したら損切りをするか、投資額を限定するといったリスク管理が必要でしょう。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告