コムキャスト(CMCSA)。2016年秋冬号。

2017.01.10

着実に利益は拡大しそう。株価も数倍なら期待できる?

ケーブルテレビの最大手で、メディア企業としてトップクラスです。コンテンツ制作や販売、ネット通信、テーマパークや映画などの事業を手掛けています。

これほど大規模な企業なのに、しっかりと売上も利益も伸び続けています。そういう点で、コンテンツを作ったり売ったりする能力はとても高いと考えられます。あまりにも大企業なので、これから株価が10倍になるのは厳しいですが、ドーンと暴落したときに買って長期保有すれば、おいしい銘柄と思われます。

 

業績や株価の推移

もうすでに超巨大企業なのに、さらに売上と利益を伸ばしています。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
11.12 55842 4160 1.51
12.12 62570 6203 2.32
13.12 64657 6816 2.60
14.12 68775 8380 3.24
15.12 74510 8163 3.28

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは1997年からのもので、この下のチャートは過去10年間のものです。

 

じっくり成長を続ける優良企業なので、すでに株価は上がっています。2012年頃からはまったく下げずに、20ドルから70ドルまで3倍くらいになっています。もし1997年ごろに買って、じっと我慢して保有を続ければ、株価は10倍にはなっています。20年弱でテンバガーという銘柄でした。

正直、今から買っては出遅れ感があります。やはり、2008年の金融危機後、数年間横ばいで株価がうろうろしていたときに買うべきでした。安定して利益を出してくれそうで、ポートフォリオに入れておきたい銘柄と言えるので、株式市場の暴落局面では狙いたいです。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告