セルジーン(CELG)。2016年秋冬号。

2017.01.29

買いたいバイオ製薬、でも株価はしばらく動かず?

アメリカの大手バイオ製薬メーカーです。四季報によると、得意分野はがん、免疫系、炎症性疾患となっています。

大手製薬メーカーの株は、新薬の開発次第の面があるので、ある程度ギャンブルです。外部の人間には予測が困難ですし。しかし、欧米系の巨大バイオ製薬はかなり強いです。欧米系で業績の良い大きな製薬会社は、とりあえず押さえておきたいです。

 

業績は良く、売上や利益は成長しています。ただ株価的には、いったん上昇トレンドは終わった感じもします。ここからは、じっくりと株価を監視して、次の上昇サイクルを待つ、という姿勢になるかもしれません。

 

業績や株価の推移

ここ数年の業績は良く、売上と利益を伸ばしています。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
13.12 6493 1449 1.75
14.12 7670 1999 2.49
15.12 9256 1602 2.02

 

次に、株価のチャートです。創業が1980年で、上場は1987年です。バイオ製薬としては、もう基盤が確立された会社です。

記事冒頭のチャートは1997年ごろからのチャートで、下は過去10年間のチャートとなっています。

 

長期のチャートからは、2000年ごろに上昇率の大きいピークが見てとれます。このピークは一度下げてしまいますが、2005年ごろからは本格的な上昇トレンドが現れました。2005年からの上昇で株価の水準が上抜け、そのあとは保ち合い期間となりました。

ここ10年のチャートを見ると、2013年まではずっと長くレンジ相場で、保ち合い期間でした。2013年から上昇トレンドに入り、2015年まで上げ続けました。ここにきて、株価は上下に振れるだけで方向感がなく、しばらくはまたグダグダと保ち合いになりそうです。

とりあえず、株価が下がったり横這いなら様子見です。投資したいなら、上昇トレンドを確認してからでも間に合うでしょう。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告