カテゴリー:2016年秋冬号

ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)。2016年秋冬号。

2017.01.29

買い場を待ちたい、不動産銘柄。 四季報によると、世界有数の商業不動産サービス業者です。 このところ、とても業績が好調です。ただし、不動産業はそろそろ業績が落ちてくる時期ではないかと思われます。同じ不動産業のCBGの記事でも触れました…

詳細を見る

CBREグループ(CBG)。2016年秋冬号。

2017.01.29

不景気のどん底で買うべき株。 四季報によると、世界最大の事業用不動産サービス業者です。 直近は、とても業績が好調です。ですが、事業の環境としては、これから逆風が予想されます。 まず、世界的に金利が上がりそうな様子であること。ア…

詳細を見る

プリンシパル・ファイナンシャル・グループ(PFG)。2016年秋冬号。

2017.01.29

自分年金づくりのため、長期投資に良い銘柄? 金融サービスを提供する資産運用会社です。特に、年金や保険プランが得意分野のようです。四季報によると、確定給付年金などでトップ級の会社です。 業績は安定しつつも、ちゃんと成長しているようです…

詳細を見る

アーサーJ.ギャラガー(AJG)。2016年秋冬号。

2017.01.29

株価がけっこう上下に振れる、老舗保険ブローカー。 四季報によると、保険ブローカーの世界第4位だそうです。世界中に展開していますが、アメリカ国内の売上が大半のようです。 世界で4番手ですが、この数年では、数字上では最も業績の伸びが良い…

詳細を見る

ファクトセット・リサーチ・システムズ(FDS)。2016年秋冬号。

2017.01.29

長く成長中の金融情報サービス。 四季報によると、35年連続増収中の金融情報サービス会社です。金融情報サービスを提供する顧客は、金融業界のプロだそうです。 何があっても35年も成長を続けるというのは、なかなかできることではありません。…

詳細を見る

マイラン(MYL)。2016年秋冬号。

2017.01.29

そこそこ今後に期待できそう。 ジェネリック医薬品の世界的な大手です。近年は他社を買収したり、当社を買収提案されたりと、M&A的な話題で登場することの多い会社です。 多くの先進国は債務が増大しており、高齢化で医療費の削減も課題…

詳細を見る

リジェネロン・ファーマシューティカルズ(REGN)。2016年秋冬号。

2017.01.29

勢いのあるバイオ製薬、でも割高か? アメリカのバイオ製薬メーカーです。四季報を読むと、さまざまな分野での新薬開発に、かなり積極的です。 売上・利益は急成長しており、かなり勢いがあるバイオ製薬だなと感じます。これからも新薬を複数出して…

詳細を見る

セルジーン(CELG)。2016年秋冬号。

2017.01.29

買いたいバイオ製薬、でも株価はしばらく動かず? アメリカの大手バイオ製薬メーカーです。四季報によると、得意分野はがん、免疫系、炎症性疾患となっています。 大手製薬メーカーの株は、新薬の開発次第の面があるので、ある程度ギャンブルです。…

詳細を見る

バイオジェン(BIIB)。2016年秋冬号。

2017.01.29

押さえておきたい、有力バイオ製薬。 アメリカの有力なバイオ製薬メーカーです。四季報によると、得意分野は神経や血液、免疫系となっています。 大手製薬メーカーの株は、新薬の開発次第の面があるので、なかなか外部の人間には予想しにくいです。…

詳細を見る

アライン・テクノロジー(ALGN)。2016年秋冬号。

2017.01.27

歯列矯正は、利益が堅そうですが? 歯列矯正器具の有力なメーカーです。四季報によると、最近は3Dプリンタ技術を用いた器具開発なども行っているようです。 美容や健康につながる歯科器具は、着実に成長しそうな事業に思われます。実際、売上や利…

詳細を見る

広告