オートマチック・データ・プロセシング(ADP)。2016年秋冬号。

2017.01.30

人事業務支援で地位確立。長く成長できる?

人事関連業務のアウトソーシング企業です。世界的な大手です。給与計算などのアプリケーションが世界中で使われています。人材派遣業も行っているようです。

業績は堅調のようで、それに従い株価も伸び続けています。

また、FX取引などをする方には、アメリカ雇用統計発表前のイベント、ADP全米雇用統計で馴染みがあるかもしれません。

 

業績や株価の推移

手掛ける事業が堅い印象で、業績も手堅くまとまっています。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
14.6 10226 1515 3.17
15.6 10938 1452 3.07
16.6 11667 1492 3.27

 

次に、株価のチャートです。下のチャートは過去10年間です。

 

非常に株価の伸びは堅調なのですが、もう割高感が否めません。予想PERは25倍あたりです。業績はすごく堅くて、利益はしっかり出ていますが、もう爆発的な成長力はありません。このPERにつり合う成長速度ではないでしょう。

というわけで、今は買いたい銘柄ではありません。会社自体は優良企業ですから、株式市場の暴落時などに安値で買うと、ポートフォリオが安定すると思われます。とりあえず買い場を待つというか、様子見です。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告