アッヴィ(ABBV)。2016年秋冬号。

2017.01.12

バイオ製薬なので、大型薬が成功すれば。

バイオ製薬の大手です。もともと、巨大製薬企業であるアボット・ラボラトリーズの一部門でしたが、バイオ部門がスピンアウトして上場しました。

製薬企業というのは、新規開発中の薬が当たるかどうかで、業績が大きく変わります。ここも今後の新薬の開発動向で株価が変わるので、素人には予想しにくい会社です。ただ、高評価の薬をこれまでに複数開発していますので、技術力はあるでしょう。

まあ、製薬企業(特にバイオ系)の実力は、欧米企業が強いです。日本の製薬企業は、規模でも技術力でも見劣りします。そういうわけで、バイオ系で大化けを狙うなら、欧米で勢いのある製薬企業にいくつか並行して投資するといいのではないでしょうか?

 

業績や株価の推移

製薬企業は、開発した新薬が成功するか、複数の新薬を切れ目なく市場に投入できるかで、業績が変動します。当社は上場が2013年ですが、今までは好調です。(単位は100万USD)

売上高 純利益 1株利益
11.12 17444 3433 2.18
12.12 18380 5275 3.34
13.12 18790 4128 2.56
14.12 19960 1774 1.10
15.12 22859 5144 3.13

 

次に、株価のチャートです。2013年上場なので、2013年からの推移です。

 

このチャートだけでは、何とも言えない感じです。バイオ製薬で株価数十倍を狙うなら、やはり複数に投資する必要があると思われます。技術力があり、新薬開発状況など良いニュースが聞こえてきて、勢いがある製薬会社を同時に複数投資しておくと、どれかは当たるかもしれません。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告