コスモス薬品(3349)。2017年新春号。

2017.03.05

ディスカウント系で成長力あるドラッグストア。

四季報によると、九州地盤のドラッグストアチェーンです。ディスカウント系の小売店なので、医薬品のほか、食品や雑貨が得意なようです。大型店舗をガンガンと出店中です。

売上と利益は着実に成長しており、利益率も高めです。財務も良好です。大型店舗の安さで攻めるドラッグストアチェーンなので、競合店を潰しながら成長しているような気がします。

 

業績や株価の推移

業績は好調で、毎年成長しています。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
14.5 371825 10600 535.4
15.5 408466 11694 590.6
16.5 447273 12435 628.1

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは過去20年のもので、、下のチャートは過去10年間のものです。

 

2000年代半ばにピークができていますが、今から見ると小さな山です。2000年代後半の金融危機の時期は、株価は下げていますが、上昇トレンドに反転したのはかなり早いです。

業績は良く、ずっと成長が続いていたので、2009年頃には底を打っています。2009年からは緩やかな上昇トレンドでしたが、2012年にブレイクし、一気に加速しました。

金融危機後の底値からは、テンバガーを達成しています。今も会社は成長中で、株価の上昇トレンドは継続中に見えます。

ただし、株価が上がる一番おいしい時期は過ぎてしまった気がします。現在はPERも20倍台後半なので、会社の成長速度と株価は、だいたいつり合っているのではないでしょうか。今からの投資だと、それほどパフォーマンスは良くならないおそれもあります。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告