ファンデリー(3137)。2017年新春号。

2017.02.28

健康を守る系の新興企業。社会のニーズはありそうだが?

四季報によると、健康食を宅配する会社です。顧客は生活習慣病やその予備軍の人で、栄養士が監修した定期便が好調のようです。

高齢化社会で医療費削減が求められ、健康志向の時代ですので、社会のニーズに合致した事業のように思われます。こういった社会性のある事業だと、採算が悪い場合が多いのですが、今のところは順調のようです。

利益率はかなり高く、売上と利益は伸びています。負債はなく、利益剰余金や現金同等物が確保されており、新興企業なのに財務も良い感じです。

競合も多い事業なので、どこまで成長できるかわかりませんが、これまでのところは好調です。

 

業績や株価の推移

この4年間は、着実に成長しています。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
13.3 2073 215 47.8
14.3 2472 245 47.0
15.3 2668 259 43.1
16.3 3015 312 50.0

 

次に、株価のチャートです。上場は2015年6月で、チャートは過去2年間のものです。

 

ありがちですが、上場時にブーム狙いで買い上げられ、すぐに崩壊しています。上場後、一気に半値以下にまで下がりましたが、その後は横這いとなっています。

ここにきて、やや上昇トレンドが現れつつあるようです。業績も好調で、PERは20倍程度なので、お試しで投資しておくのも良いかもしれません。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告