あいホールディングス(3076)。2017年新春号。

2017.02.26

成長株だが、やや成長鈍化?

四季報によると、防犯カメラシステム、カッティング機器、カード発行機、建設設計などを手掛ける会社です。いまひとつ本業が何かわからないのですが、事業の柱が4本とのことです。まあ、事業ポートフォリオが分散化されており、会社の収益が安定していると解釈することもできそうです。

売上と利益は、けっこうな速度で成長してきました。また、利益率も相当に高いです。負債はなく、非常に財務が良好です。そういったわけで、成長力のある中規模の優良銘柄です。

ただここにきて、成長速度が鈍化しているような兆候があります。四半期決算や株価トレンドの推移には注意です。持ち直すようなら、投資したい銘柄です。

 

業績や株価の推移

ここまでは非常に好調な業績です。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
14.6 36976 4043 85.4
15.6 41333 5566 117.5
16.6 48780 5763 121.7

 

次に、株価のチャートです。チャートは過去10年間のものです。

 

チャートを見ると、金融危機後に底値圏で3~4年ほど低迷していました。2012年頃から上昇トレンドが始まり、アベノミクス相場で加速しました。

底値からならテンバガー並の上昇率です。ただここにきて、下降トレンドにあるように見えます。業績もやや頭打ち感があり、株価のトレンドや四半期決算を確認していきたいところです。

業績がまた成長をはじめたら、すぐに投資できるように準備しておきたい銘柄です。現在のPERは20倍程度なので、お試しレベルで投資するのもありかと思われます。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告