RIZAPグループ(2928)。2017年新春号。

2017.02.26

中期的には超高成長しそうだが?

四季報によると、減量ジム「ライザップ」の運営や、健康美容関連の通販を事業とする会社です。そのほか、アパレルなど他分野の買収も積極的です。

派手な宣伝広告、強気な出店攻勢、美容健康関連とは離れた分野への超積極的買収と、ものすごい速度での成長を遂げています。売上と利益の増加速度は、ただ事ではありません。利益率は高めなのですが、やはり負債は多くなっています。

凄まじい急成長ですが、週刊誌のネタになったり、子会社でインサイダー疑惑が持ち上がったりと、リスクも感じる銘柄です。3年程度の中期ならこの勢いは持続しそうに思われますが、最終的に当社がどうなるのかは想像がつきません。

インサイダー調査のため、東証への移行は不明なようです。売上規模で言えば、当然、札証から東証へ変更になりそうですが、どうなるのかよくわかりません。

いろいろあるので、投資資金を大量に投入したりするのは賭けの要素が出てきます。投資資金の一部を中期的に投資するなら、高めのリターンがあるかもしれません。ただ、通常の優良銘柄への投資と比べれば、危険性は感じます。

 

業績や株価の推移

爆発的な成長です。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
12.3 13445 887 7.2
13.3 17840 402 3.3
14.3 23910 2698 21.9
15.3 39101 1636 13.3
16.3 55448 2466 19.4

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは過去20年のもので、下のチャートは過去10年間のものです。

 

2014年の途中からブレイクして、直近の底値からはテンバガーを達成しています。チャート的には、安定した右上がりの上昇ではなく、長い横這い期間からの急激なブレイクとなっています。

急騰が始まってからの上げは凄まじいですが、投資対象としての安心感が低いので、株価が相当に上下しています。いったん上昇は止まったようですが、ここから上へ行くのか下へ行くのかは予測できません。

どのような材料がいきなり飛び出してくるのか、かなりリスクはあるので、投資資金量の管理と割り切りが必要な銘柄に思われます。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告