アリアケジャパン(2815)。2017年新春号。

2017.02.23

成長力、利益率、財務。すべてに優れた優良銘柄。

四季報によると、天然調味料で最大手の会社です。売上と利益は成長中で、利益率も高く、財務も健全と、バランスのとれた優良企業です。

国内は外食・中食・加工食品向けと、各方面で伸びています。海外での売上も、米中欧アジアなど各地域で拡大中です。国内外の成長路線も、これまたバランスが取れているようです。

長期投資でまだまだ報われそうですが、PERも30倍程度あるので、急落した場面などで少しずつ買っていきたい銘柄です。ただ、業績悪化による急落の可能性もあるので、確認は怠れません。

 

業績や株価の推移

この5年間も、かなりの速度で売上と利益が成長しています。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
12.3 31516 2586 81.3
13.3 33591 3788 119.0
14.3 37201 4252 133.6
15.3 40915 4725 148.5
16.3 46404 5939 186.6

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは過去30年のもので、下のチャートは過去10年間のものです。

 

優良企業だと思うのですが、それでもチャートを見ると、2000年代前半の高いピークと、金融危機後の深いボトムが目につきます。

やはり長期の下降トレンドが始まったら、利益確定か損切りはした方が良さそうです。投資比率を安全なところまで下げたら、あとはどれだけ放置しても良いと思いますが。

成長力と利益率、財務とすべてに優れています。投資したい銘柄です。しかし、成長は株価に織り込まれ、PERはかなり高くなっているので、高値掴みしないように注意も必要でしょう。2013年からの上昇トレンド、特に2015年から急加速しているので、ここからの投資は慎重にいきたいです。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告