大黒天物産(2791)。2017年新春号。

2017.02.23

優良で高成長だが、やや鈍化?

四季報によると、岡山地盤の食品ディスカウントストアの運営会社です。岡山、広島、兵庫あたりが地盤ですが、大阪や京都方面にも進出中のようです。

今のところは売上と利益を伸ばしており、利益率もなかなか高く、財務も健全です。他地域の強力なディスカウントストアチェーンと競合したときに勝てるのか、今後の成長で問われそうです。

 

業績や株価の推移

現在までの業績は好調です。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
14.5 124811 2523 180.0
15.5 133109 2699 192.5
16.5 145118 3379 240.9

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは過去20年のもので、下のチャートは過去10年間のものです。

 

チャートを見ると、金融危機前にはひたすら右肩下がりで、株価は下落しています。2008年に底を打つと、今度は逆に上昇トレンドになりました。

2010~2014年あたりは保ち合い相場でしたが、再びブレイクしたあとは約2倍に株価が上昇しました。今はどうやら横這い期間ですが、さらに上抜けするか監視したいところです。

PERは20倍程度なので、成長速度とだいたい合っているように思われます。特に割安でも割高でもない株価水準のようです。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告