あみやき亭(2753)。2017年新春号。

2017.02.23

優良企業だが成長鈍化。様子見か?

四季報によると、東海を地盤とする焼き肉チェーンの運営会社です。

これまでのところは、売上と利益をしっかりと成長させてきました。また利益率も高く、財務も良好で、優れた企業と言えます。ただ、ここにきて成長は止まったような感じです。今後の推移を見たいと思います。

なお、この会社は決算発表が異常に早いのですが、それは売上や在庫などをすぐに認識できる体制が整っているということで、好印象です。持ち直してくれれば、投資したい銘柄です。

 

業績や株価の推移

この5年間は着実に伸びてきましたが、直近は不調のようです。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
12.3 21660 710 103.8
13.3 23210 1159 169.3
14.3 24556 1678 245.0
15.3 28077 2063 301.3
16.3 29955 2170 317.0

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは過去20年のもので、下のチャートは過去10年間のものです。

 

長期のチャートを見ると、ある程度は景気のサイクルに影響を受けそうです。やはり飲食店なので、消費者の支出額に業績も左右されます。

2000年代半ばに高値をつけた時期よりは、会社の規模も大きくなっているので、暴落の恐れは小さくなっていると思われますが油断は禁物です。

優良企業ですが、業績の伸びは止まりつつあります。PERは現在10倍台前半なので安めですが、株価はやや下落方向にあるようです。株価が再び下がり始めたら、注意が必要です。下げ止まりを確認して、業績をチェックしてから買いたい銘柄です。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告