JALUX(2729)。2017年新春号。

2017.02.23

空輸や旅行業界が元気なら。

四季報によると、JAL系の商社です。空港の売店から食品の輸出、航空機の部品まで、空輸関連の事業を行っているようです。

やはり世界経済が好調で、旅行客が多く、輸出入や航空機需要が多い時期に儲かるはずです。このところの業績は好調です。利益率もまあまあ、財務もおおむね健全と、投資を検討しても良さそうな銘柄です。

 

業績や株価の推移

この5年間は売上と利益が成長しています。今後の世界経済の変動には注意です。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
12.3 89082 693 54.5
13.3 85937 779 61.7
14.3 99837 967 76.6
15.3 112727 1148 90.9
16.3 141502 2014 159.4

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは過去20年のもので、下のチャートは過去10年間のものです。

 

チャートを見てもわかりますが、空輸関連銘柄だからか、長期で右肩上がりにはならず、景気サイクルに連動した株価の動きになっているようです

本来は数十年も売上と利益が成長し、株価がなだらかに上昇を続け、連続増配している銘柄が長期投資に適しています。たまに業績と株価のチェックをするだけで済みますから。

景気動向に影響を受けやすい銘柄は、どうしても底値で買って高値で売るという意識が必要になりそうです。そのため、定期的に株価と業績のチェックが欠かせません。チャート的にも、今が買い時かは不明な感じです。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告