エレマテック(2715)。2017年新春号。

2017.02.23

景気循環の波を乗りこなせば、好パフォーマンス?

四季報によると、豊田通商傘下の電子部品・電気材料を扱う商社です。売上は伸びていて、利益も出ているのですが、どうも株価にはサイクルがあるようです。取引先の景気によって、当社の利益も数年単位で上下するような感じです。財務は良好です。

全体として見れば良い会社だと思うので、投資対象にできます。ただ、何十年も保有しっぱなしでOKな会社ではないかもしれません。株価にサイクルがあるので、その底値で買って、高値で売る方が望ましい可能性もあります。

そういうわけで、業績や株価のトレンドを監視しておく必要がある銘柄です。

 

業績や株価の推移

この5年間は業績が好調だったのですが、2017年3月期決算は大幅な減益予想です。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
12.3 115417 2462 120.3
13.3 129405 2997 146.4
14.3 143442 3863 188.7
15.3 181876 5105 249.4
16.3 216824 5048 246.6

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは過去20年のもので、下のチャートは過去10年間のものです。

 

過去15年ほどのチャートを見ても、世界経済や日本経済の景気サイクルと連動するような波になっています。電子機器などの販売状況と連動するので、どうしても業績や株価に波ができるようです

他の株でも同じですが、景気の悪い時期に買っておくと、数年後には上昇の期待が持てそうです。

2015年途中からの下落トレンドが下げ止まったのか、また再び下に向かうのか、微妙な値動きです。投資するなら、横這いから上昇トレンドが発生したのを確認したあとでも、遅くはないと思われます。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告