日本ケアサプライ(2393)。2017年新春号。

2017.02.20

時代のニーズはあるはず。福祉用具レンタル卸。

四季報によると、日本最大手の福祉用具レンタル卸業者です。

福祉用具のレンタルということで、高齢化社会の需要をピンポイントで捉えている印象です。さらには、介護支援や物販といった事業も行っています。これからの日本に必要な事業、という感じがします。

しかも、大株主が三菱商事となっており、バックも強力です。三菱商事が約70%の株式を保有しており、事業を展開していくうえでも有利な気がします。

 

業績や株価の推移

この5年間で、売上は着実に伸びています。利益は多少変動しますが、増加傾向です。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
12.3 8918 552 32.5
13.3 9658 689 44.4
14.3 10883 676 43.6
15.3 12131 505 32.5
16.3 13707 776 50.0

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは過去20年間のもので、下のチャートは過去10年間のものです。

 

2004年に上場していますが、上場直後にブームが起きたようです。ものすごい高値をつけたあとは、ひたすら下げ続けています。金融危機後の2011年あたりで底値になり、そこからは上昇トレンドが始まりました

アベノミクスをきっかけに急騰し、再度2016年から上がり始めました。この半年ほどで、2倍に暴騰しています

長期投資に適した事業の会社だと思いますが、現在のPERは20倍程度と考えられ、特に割安とは言えません。成長力を込みで考えれば、割高ではないでしょうが、お買い得と言うほどの株価ではないです。

急騰した直後なので、大きく反落して落ち着いたら、少しずつ買っても良いかもしれません。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告