ルネサンス(2378)。2017年新春号。

2017.02.19

悪くはない銘柄だが、テンバガーは厳しそう。

四季報によると、業界3位のフィットネス事業を行う会社です。リハビリなどにも事業を拡大中です。

売上と利益はじわじわと伸びており、フィットネスやリハビリという事業内容も、悪くはない印象です。これからも地味に成長しそうです。ただし、人件費や光熱費がかかる事業であり、急激な成長は厳しそうです。そのため、テンバガーのような株価急騰はなさそうです。

PERは15倍ぐらいになりそうなので、割高と言うほどではありません。安くなったときに買っておくと、それなりにリターンがあるかもしれません。

 

業績や株価の推移

この5年間は、じわーっと成長しています。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
12.3 36888 619 29.0
13.3 38637 1020 47.7
14.3 40660 1020 47.8
15.3 42031 1446 72.3
16.3 43480 1532 102.7

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは過去20年間のもので、下のチャートは過去10年間のものです。

 

まあ、地味に成長するとは思うのですが、チャートを見ると不安になる部分もあります。チャートはU字型になっています。

前回の金融危機の前、2006年付近で株価は高いピークをつけ、2006~2008年あたりで垂直に落下しています。むしろ、リーマン・ショックが起きた2008年9月までには、暴落の大部分は終了しているほどです。これは何なのでしょうか?

2011年から株価は上昇トレンドに入ったのですが、アベノミクス相場で加速しています。さらに、2016年後半から急騰しています。もし、米国株式市場が今後大きく下げるようなら、この銘柄も急落するかもしれません。チャートの形状からは、次の暴落を待って買う方が、リターンが大きくとれるようにも思えます。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告