カルビー(2229)。2017年新春号。

2017.02.12

成長中の優良企業。株価の下げ止まりを待ちたい。

四季報によると、スナック菓子の国内最大手の会社です。一般消費者にきわめて近い位置にある会社なので、説明は不要なほどの知名度です。

すでに大きい規模の会社ですが、近年は驚異的な成長力を示してきました。売上と利益を毎年伸ばし、そのうえ利益率も非常に高いです。

ピカピカの優良銘柄だったので、株価はずっと上昇を続けてきましたが、ちょっと成長の鈍化が意識され、現在は下降トレンドにあります。

長年株価は上昇トレンドにあり、PERも相当高いところまで買い進められた株なので、下降トレンドもけっこう長く続く可能性があります。会社自体は今のところ優れていると考えられるので、下降トレンドが終わり、保ち合い期間を抜けるまで、じっくりと買いのチャンスを待つのが良いと思われます。

 

業績や株価の推移

株価が下がり始めているので、業績の変化には注意したいです。ですが、ここまでの業績は素晴らしいです。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
12.3 163268 7096 55.1
13.3 179411 9440 72.2
14.3 199941 12086 91.5
15.3 222150 14114 105.8
16.3 246129 16799 125.9

 

次に、株価のチャートです。上場は2011年です。

 

上場以来、とにかく急速に一本調子で上げ続けました。2015年のピークでは、株価が10倍弱まで上がったのではないでしょうか。ですが、現在は下降トレンドにあります。あまりの急騰ぶりに、株価の期待値が高まりすぎたのでしょう。

会社は今の時点では、優良であるように見えます。ですから、株価が下げ止まって、横這いの保ち合いから再度上昇しそうになれば、投資を検討したい銘柄です。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告