明星工業(1976)。2017年新春号。

2017.02.09

ポートフォリオに組み込むのも良い、地味な優良銘柄。

四季報によると、熱絶縁工事を得意とする建設工事会社です。LNG関連、化学プラント、ボイラーなどの工事を手掛けているそうです。やはり、ガスなどを扱う工事が得意分野のようです。

業績は年ごとにやや上下するものの、基本的には売上と利益を伸ばしており、成長中です。利益率も高めで、財務も良好、会社として独自性もあり、ポートフォリオに入れたい感じの銘柄です。テンバガーなど劇的な展開はなさそうですが、保有しても悪くない株と思われます。

 

業績や株価の推移

工事の受注で若干のブレはありますが、業績は順調です。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
12.3 37178 2116 37.4
13.3 41629 2075 37.2
14.3 43813 2240 41.2
15.3 46873 4176 77.7
16.3 45412 3923 73.8

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは過去30年間のもので、下のチャートは過去10年間のものです。

 

まず、過去30年間のチャートを確認しますと、1990年前後のバブル期には、かなりの高値をつけていたことがわかります。やはりバブル相場は無理があるので、相当に株価が上下していますが、結局は暴落しています。

1990年代後半から、株価は低迷していました。2000年代半ばに、世界経済が好調だった時期に株価がかなり上がりましたが、サブプライムローン危機の展開とともに、再び底値で停滞することになります。

2009年から2012年頃までは、底値圏での保ち合いとなっていました。

アベノミクス相場が始まる直前から、上昇トレンドが発生したようです。この上昇トレンドは、2014年末あたりで一回ピークをつけました。しかし、ここにきて、中期的な上昇トレンドが復活したように見えます。長期的にも上昇を続けるのか、確認しつつ投資を検討したいものです。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告