ライト工業(1926)。2017年新春号。

2017.02.09

テンバガーは厳しいが、じわじわ好パフォーマンス。

四季報によると、基礎・地盤改良・法面などを手掛ける特殊土木会社です。利益率が良く、財務も良く、業績も堅調で売上や利益を伸ばしている、という優良な中堅建設会社です。

地味で堅実な会社なので、急激な株価上昇でテンバガー狙いは厳しいですが、長期投資で報われそうな銘柄です。じっくり持つと、良いパフォーマンスが得られそうです。

 

業績や株価の推移

業績はこの数年、着実に伸びています。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
12.3 73982 1678 31.9
13.3 75557 1973 37.5
14.3 92698 3973 75.5
15.3 85648 4602 87.4
16.3 93166 5918 112.4

 

次に、株価のチャートです。記事冒頭のチャートは過去30年間のもので、下のチャートは過去10年間のものです。

 

過去30年間のチャートを見ると、1990年代前半の高値は回復できていません。バブルの余韻が残る時期と、そのあとの公共事業連発の時期に、株価が高かったのかもしれません。

1997年のアジア通貨危機が起きたころに暴落し、株価はそのあと下がり続けました。

一時的な好景気に引っ張られて株価が上がったこともありますが、2000年代は総じて低調でした。

 

2011年ごろから、株価は上昇トレンドに入ったようです。東日本大震災やアベノミクス相場がなくても、株価は上昇していたように思われます。堅実な会社が不況で過小評価されていたものの、会社の価値が正当に評価されるようになったのでしょう。

直近の5年間は上昇トレンドが続いているので、買い遅れたような気もします。しかしPERでは、まだ高い株価ではないので、少し買ってみても良い銘柄かもしれません。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告