日本電技(1723)。2017年新春号。

2017.02.07

しっかり利益が出ている工事会社。

四季報によると、ビル空調計装工事の会社です。また、工場の搬送ラインなど、産業の自動制御システムといった事業も行っています。

不景気になってビル工事が減ると、おそらく業績は悪化するのでしょう。ですが、過去5年の業績は堅調で、成長しています。利益率はなかなか高く、財務体質もとても良さそうです。

というわけで、優良で堅実な中小型株といった印象です。ポートフォリオに入れておきたい銘柄です。

 

業績や株価の推移

売上と利益を成長させています。(単位は100万円)

売上高 純利益 1株利益
12.3 20852 583 71.1
13.3 21786 766 93.5
14.3 24517 1367 166.8
15.3 23477 1367 166.8
16.3 25799 1805 211.4

 

次に、株価のチャートです。上場は2003年です。記事冒頭のチャートは上場からのもので、下のチャートは過去10年間のものです。

 

長期のチャートを確認すると、上場から急騰と急落はあったものの、基本的にはリーマン・ショックまでは上がっていました。金融危機で暴落し、その後は4年あまり保ち合い期間となり、ずっと株価に動きがなく横這いでした。

2013年のアベノミクス相場をきっかけとして再ブレイクし、ずっと上昇トレンドに入りました。2014年の途中から横ばいになりましたが、もういちど上昇トレンドが発生し、直近では急騰し株価は2倍になりました

堅実に成長し利益を出す、優良な中小型株という感じで、ここにきて急激に買われています。良い会社だと思うのですが、ここまで短期間で上げると買いにくいです。買い遅れるおそれもありますが、ちょっと落ち着くのを待ちたいです。

投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事

広告